シンプル計画

もっと豊かに、もっと軽やかに。

挿し木で再挑戦。多肉植物を増やす

Sponsored Link


以前挑戦した熊童子こと「くまちゃん」の増殖計画。
実は、1度目は失敗に終わりました。
(過去に増殖編とか言って記事を更新したのに続編がなかったですしネ。)

今年再挑戦し、無事に成功したのでめでたく記事更新です!笑


増やし方

記録を残そうと思っていたのに、工程写真を撮ることをすっかり忘れました。
うっかりすぎる。

今回は葉挿しにしました。

  1. 葉を数枚残した状態で切る。
  2. 根元を乾かす。
  3. 発根したら鉢に植える。

以上です。かんたん!

『多肉植物 増やし方』などで検索すると、詳しいサイトがたくさん見つかります。
私が参考にさせていただいたのはこちら。

簡単!3分でわかる多肉植物の増やし方のコツ。挿し木編 | solxsol


ちなみに、今回発根まで1ヶ月かかりました。
切ったのが3月初旬、発根は4月過ぎてからでした。
また失敗したかも…と気が気でなかったです。
通常は、数日で発根するようです。

嬉しすぎる新芽

見えるでしょうか…!
葉の間から小さな葉が生えてきました!

発根から1ヶ月半、5月の終わりにやっとです。

これできちんと根付いたと判断しました。


切った方も横から新しく葉が出てきました。
まだまだ大きくなってくれるようです。

超個人的・うまくいったポイント

切った後は水をあげないのですが、1ヶ月間発根する気配がなく、さらにどうにも葉がげんなりしていて、お水をあげたい衝動に駆られました。
なので、湿らせたティッシュを切り口にちょんちょんと当ててみたところ、3日後に発根しました。

素人考えですが、お水が足りず自身を保つのに精一杯で、発根する余裕がなかったのかな…と。
少しのお水が入ったことで元気を取り戻したように見えました。

※この方法は完全に自己判断です。
通常切り口は乾燥させることが重要で、濡れていると腐ってきてしまうことがあるそうです。
今回はたまたま、すぐ乾いて大丈夫だったのだと思います。
もし実施する際はお気をつけください。


それから、後から知ったのですが、熊童子は葉挿しよりも挿し木が向いているそう。
茎が長く伸びるものは挿し木、葉が密集して生えるタイプは葉挿し、が良いみたいです。

前回は葉挿しだからうまくいかなかった、ということにしておきます。
たぶん、いや絶対そう。



憧れだったグリーンのある生活、なんだかんだで上手くいっています。
これからも、ゆるく楽しみます。

関連記事

◎失敗した前回。たぶん時期も良くなかった。

◎お迎えした時。こんなに小さかったのね。