シンプル計画

 もっと豊かに、もっと軽やかに。

冷蔵庫の付属品を捨てて、手間を減らす

Sponsored Link


買ってからほとんど使わなかったものを、処分することにしました。


処分するのは、たまごケース。

我が家の冷蔵庫は、ドアポケットに付いているものではなくて、取っ手付きトレイと組み合わせて庫内で使うタイプのものでした。
買ってからしばらくは使用していたのですが、どうにも使いにくくて…


理由は3つ。

  1. 買ったたまごを入れ替えるのが面倒
  2. ポケットが12個なので、たまごが13個以上ある時に収納が困る
  3. トレイに少し深さがあるため、引き出さないとたまごが取れない

特に1と3が深刻でした。
水平に引き出さないとたまごが落ちそうになるし、バタバタしがちな料理中に気を遣うのもちょっとストレスでした。


どうするものかとあれこれ試した結果、現在はこうしています。

パックのフタ側を取って、底に重ねるだけ。
1枚だと強度が少し心配なので、二重にしています。

これだとパックを引き出さなくてもたまごを取れるので、落ちそうになることもありません。
付属品を使うよりも幅が狭くなり、入れ替えの手間もなくなってスッキリしました。
(取っ手付きトレイ自体は便利なので別で使用しています。)



付属品でも、使わないものは潔く処分。
単品で販売していないものがほとんどだと思うのでなかなか捨てづらいですが、一度使いにくいと感じてしまったら、再び使う可能性はたぶん、もうない。
自分にとっての使いやすいを優先して、より良い我が家にしていきます。