読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル計画

夫と0歳の息子と一緒にシンプルを目指す暮らしの記録

出産レポその2。いよいよ分娩台へ

Sponsored Link


出産レポ続きです。


ちなみに、病室は個室でした。快適〜


二度目の内診と睡眠

6:00過ぎ

全然進行せず、子宮口はまだ2cm。
「ここから急に進むこともあるし、このままいる?」と聞かれましたが、分娩台が硬くて腰が辛いため「いえ、病室に戻ります」と即答。
いてててて、と言いながら歩いて病室に戻りました。

病室のベッドに寝たらめっちゃ眠くなってきたので、陣痛の隙間に寝ていました。
夫と母に腰を押してもらいながら、3分寝る→陣痛に耐える→3分寝る、の繰り返し。

いつの間にか陣痛がきつくなっていました。
急に痛くなった、というよりは、少しずつ痛みが強くなり、気付いたら結構痛いかも、という感じでした。
そして、痛みが腰から尾てい骨あたりへどんどん下りて来ました。

朝食?無理だよ

8:00前

美味しそうな朝食が出ました。
パンやスープなどいろいろありましたが、起き上がるのも食べるのもしんどい!
結局食べられたのはキウイ少しとミカン1切れのみ。
しかも母に食べさせてもらいました。
残りは夫の朝食になりました。私も食べたかった。

この辺りで陣痛アプリの記録が止まっていました。
そんな余裕はもうないよ!

限界でナースコール

8:30頃(曖昧)

初めてのことなのでどの辺まで我慢するべきなのか分からなかったのですが、ついにもうだめだと感じてナースコール。
「内診しましょう」と言われホッとするも、「分娩室まで来てください」とのこと。
「え????」って思いました。
めっちゃ痛いのに分娩室まで歩きました。
これが本当に辛かった。
30mもないのにめちゃくちゃ時間がかかりました。ヨボヨボのおばあちゃんみたい。
めっちゃ痛かったよ看護師さん!!!!

ここで母は仕事のために帰宅しました。
出産の瞬間に母がいるのもちょっと恥ずかしいなあ…と思っていたので、良かったです(笑)
いやでもお母さんがいて心強かったよ!本当だよ!

内診したら、子宮口もうすぐ8cmになるそう。
急に進みました。
ここから産まれるまでずっと分娩台に乗ったままでした。


文字数多くなったので、本日はここまで。
あと1時間半で産まれます。