シンプル計画

もっと豊かに、もっと軽やかに。

当たり前を見直し。使用頻度が少ないものを出しっぱなしにしない

Sponsored Link


年賀状を作成するにあたり、久しぶりにプリンターを使いました。
年に数回しか出番のないプリンター、以前はパソコンのそばに出しっぱなしでした。
もちろん電源プラグは繋いだまま。
実家もそうでしたし、「パソコン周辺機器」なのでそれが当たり前だと思っていたのです。


家具の配置替えをしているとき、コンセントが足りなくなってどうしても配線がうまく行かずに困ったことがありました。
パソコン周辺はどうしても電源を必要とするものが多いので仕方のないことですが…
そんなときに、「プリンターを片付ける」ということを思い付きました。

コンセントの節約のつもりで始めたのですが、思いの外見た目がすっきりして、今ではプリンターは使うたびにクローゼットから出してくる方式が定着しました。
不便さはほぼありません。本体がちょっと重いくらいですが、気になりません。
片付けることで上に埃が溜まることもなく、「掃除しなきゃ」のストレスから解放されました。

後から気づきましたが、プリンターは無線接続なのでパソコンから離れたところから電源を取っても何の問題もありませんでした。(笑)


「使わないものは片付ける」は心掛けていましたが、まだまだ実践できることがありそうです。
当たり前だと思っていることに対しても目を向けていきたいと思います。