シンプル計画

もっと豊かに、もっと軽やかに。

赤ちゃんのために空気清浄機を買いました【ダイキンMCK70S】

Sponsored Link


我が家の暖房器具はエアコンだけなので、それはそれはとても乾燥します。
昨年は大人だけなので我慢できましたが、今年は息子が産まれたので加湿器を購入することにしました。

何事も赤ちゃん優先!

加湿器も検討したのですが、加湿機能付き空気清浄機を購入しました。
理由は以下の2つです。

1. ニオイ対策のため

乳児がいるので毎日山のようにおむつが溜まります。
今はまだ離乳食前なのであまり匂いませんが、近付くと「あ、ちょっとにおうな」くらい感じます。
今後どんどん匂ってくるようになるので、消臭機能はぜひとも欲しい機能でした。

2. 転倒防止

超音波式の加湿器は小型のものが多く、息子が動き始めた時に倒してしまったり、加湿器と一緒に転倒してしまう可能性がありました。
空気清浄機は大型なものがほとんどなので、場所は取りますが安全性を優先することにしました。

機種の決め手は清潔さとお値段

ダイキンのMCK70Sに決定したのは以下の2つが大きなポイントでした。

1. 有害物質を分解するストリーマ機能

吸収した花粉などを電気の力で分解するそうです。
その為、フィルターを掃除する際に掃除機の排気口から撒き散らしたとしても、すでに分解されているので安心なんだとか。
また、加湿する水の細菌を抑制もできるそうです。
他社の空気清浄機にはない機能で、これが決定打となりました。

2. 型落ちで値段が安くなっている

MCK70Sは去年の型番で2016年現在では1代古い型になります。
最新型とは本体の形と自動運転機能が追加されていることくらいしか違いがありませんが、金額差が2万円程度ありました。
それなら古い型でもいいか、ということになりました。
もしかしたら、形が違うことによって掃除しやすさなどの違いがあるかもしれませんが…
 

数日使ってみた感想

息子の頬のカサカサがかなり改善されました!
導入後すぐ改善されたので、空気清浄機の成果だと思います。
また、夫は前日まで寝付けないほど鼻詰まりで、ティッシュを大量に使っていましたが、ティッシュをほぼ使わなくなったと言っています。

音に関しては、ホコリなどを感知した時は大きな音がしていますが、「頑張って仕事をしているなー」程度で普段は特に気になりません。

大きさに関しては、奥行きがあるため、思っているより少し大きく感じます。
つかまり立ちしても転倒することはなさそうです。

全体的に、今のところ不満はなく満足しています!