シンプル計画

もっと豊かに、もっと軽やかに。

懐かしいけど恥ずかしい。プリクラの整理

Sponsored Link


学習机を空っぽにしようと整理していたら、学生時代のプリクラが大量に出てきました。
それとプリ帳(死語かもしれない)。


プリ帳を作ろうとしてマメにできなくて挫折した私…
高1の秋で終わっていました。早い。
少ないページですが、見返して懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
それにしても、プリクラよりプリ帳のコメントの方が恥ずかしくて、「何書いてるん…あほやん…」と愕然としました。

感傷に浸ってから、整理開始です。
一旦すべて出し、大まかに時期で分けます。
これが一番面倒でした…
撮影したらみんなで分けるので、日付が書かれた部分は既に切り取られており、顔・髪型・プリクラの落書きから判断するしかありませんでした(泣)

分けつつ複数あるものは1枚だけ残して残りは処分。
個人的に良くない写りのものやよくわからない落書きのものも処分。
自分が写っていないものも処分(謎の交換システムでやたらあった)。

それが終われば、あとはノートに貼っていくだけ。
当時のことを思い出してコメント書いていたら終わらないので、ひたすら貼っていきます。


たくさんあったプリクラは、ノート5ページに収まりました。
これだけしかプリクラとってなかったんだなぁ…と思ってすぐ、こんなにもプリクラにお金使ったんだなぁ…とも思いました。
青春だからいいはず。たぶん。


処分するプリクラの山。

スペースが一気に空くわけではありませんが、長年貯めていたものを処理できてスッキリしました。
もう学生でもないので今後はプリクラを撮ることもなさそうですが、もし撮ったらコメントは書かずにノートに貼るだけにしようと思います。